病気でも障がいでも豊かに生きるために

理事長 五反田 千代

特定非営利活動法人 あわホームホスピス研究会
理事長 五反田 千代

 現代の日本人は『人はいつか死ぬ』ということを忘れてしまっているように感じます。
加齢や病気で、人に助けを借りて生活するときのことを元気なうちから考える機会も少ないのでしょう。

 日本の家族は1970年代よりライフスタイルや経済力を欧米化し、日本文化の家制度、多世代同居から核家族化の道を歩みました。家族が離れて住むと心理的な距離ができ、考えや日常生活習慣を相互理解しにくくなります。
そのような家族が、介護をきっかけに再び同居を始めることは、相当な忍耐と心構えが必要になります。
このような社会状況は、血縁による介護を困難にし、医療介護制度による病院施設の中で専門職による介護と看取りという状況を生みました。そのため、一般の方は、要介護状態になれば、病院や施設に入るしか選択肢はないという先入観をもたれているのが大半です。

病院施設で暮らすということは、これまで、自宅の地域での親しんだ人間関係や日々の生活をあきらめ、多数の入居者とともに、入所先のルールに合わせるように意識を変えていくようになります。「自分の考え、自分で決める」ことをあきらめる、すなわち、「自分らしさ」を隠して生きる生活になるのです。

 2015年の厚労省の終末期の関するアンケート調査において、自宅で最期まで過ごしたいと希望する人が60%ですが、実際自宅で最期を迎えた人は、10%という実状を皆さんはどう思われますか。
 自分は、自宅で過ごし最期を迎えたいと願いながら、不本意ながら、病院施設で、一方的に世話される人として、考えることも、決めることもあきらめ、最後を迎えるということで納得できるでしょうか。

 このように思い続けてきたところ、2004年に市民活動から発生した、「ホームホスピス」という活動と出会いました。5人の生活支援の必要な入居者が一般住宅で共同生活をします。もちろん、常駐の介護看護職スタッフと24時間対応の訪問医療医、看護師チームでサポートします。
ホームホスピスは、そこに住む人が、自分で自分の一日を決め、持てる力を発揮して、世話をしたり助け合ったり対等な人間関係の中で暮らし、家族が最期を看取ることを支える「もう一つの自宅」です。どうしても自宅生活が難しいとき、新たな選択肢として、人のいのちの尊厳を一番に考えるこの活動は、今も全国に広がりつつあります。

 公的制度が介護保険サービスも15年を経過し、制度改正を重ね、多くの終の棲家が生まれました。皆さん自身がどのように暮らし、最期を迎えたいのか元気なときに考え、意思を周りに伝えていくことが求められています。

2018年8月17日

「終の棲家を自宅に選択する」ための在宅ホスピス緩和ケア普及啓発活動

◇豊かに生きる講座◇

元気なときに「もしも自分自身で暮らせなくなったときどうするか」を考える機会を提供します。「支えあえる地域づくり」を目指して、テーマごとに、情報提供と参加者同士のコミュニケーションを図ります。
「在宅医療という選択肢」「ホスピス緩和ケアの理念を正しく理解する」「人が死に逝く過程を知る」「病院と自宅をつなぐケアチーム」「リビングウィル・エンディング」

ケアボランティアの育成と活動

公的サービスの手の届かない部分のお手伝いができるよう、研究会独自のカリキュラムを修了した方を希望されるご利用者の方にコーディネートします

◇カリキュラムの内容◇

  • 当法人の理念とホスピス緩和ケアの概念
  • ボランティアの責務とチーム活動
  • 最期まで自宅で過ごす意味
  • 介護、傾聴トレーニング
  • 在宅医療と介護を知る

医療・介護・福祉機関や地域住民ボランティアとの顔の見えるネットワーク作り

あなたらしい療養生活を実現するためのケアチームが速やかに構成できるよう、日ごろから、顔の見える関係作りをしています。

とくしまの医療福祉情報の提供

終の棲家の選択肢や在宅療養の暮らしに役立つ健康医療福祉の情報を集め、一般の方の目線で情報を検索できるように発信していきます。

デイホスピスやホームホスピスの開設

<デイホスピス>

 がんや認知症の方、介護する家族が一時的に休める場所を設けるよう準備をしています。
 家族間や血縁、知人、主治医には、話せないことを第三者にうちあけて、闘病のために緊張した心身を開放し、日常を離れて心身を緩めることができる環境を備えます。

<ホームホスピス>※商標登録されています※

 民家の空き家を借りて、自宅では生活困難な1人暮らしの患者を、1軒に5名程度引き受けて、ヘルパーやボランティアが我が家的な雰囲気作りをしつつ世話をし、医師と訪問看護師が訪問ケアをするしくみです。
介護保険施設のように日常生活の困難度によって住み替える必要はありません、希望すれば、終の棲家として利用できます。
 以上のような制度外の「もうひとつの自宅」を開設するよう準備しています。